事故の予防保全

モバイルソーシャライズシステム(MSS)によって、交通事故が発生しやすい状況を予測し、事前に回避することに活用すると仮定したケーススタディをご紹介します。

導入の背景

交通事故の防止対策のひとつに、交通環境の整備やメンテナンスが行われています。しかし、どんなに交通インフラを整備しても、想定し得ない事故は各地で起こっています。これらを可能な限り未然に防ぐため、モバイルソーシャライズシステムを用いて交通事故が発生しやすい状況を予測し、事故防止の対策を立てることにしました。

活用の流れ

これまでの事故発生時の時間、状況・地形・車種・移動のログ・気象情報などのデータを集め、関係性グラフを形成しました。これをカーナビゲーションに搭載し、事故が発生しやすい要因とのつながりが強くなったとき、注意を喚起するようなシステムを開発しました。これらは過去に事故があった場所ばかりではなく、これまでの事故と類似の要因がそろっていれば事故が起こりうる可能性があると判断されることとし、事故の再発および、新たな事故の発生を防ぐことを目的としました。

ケーススタディ-事故の予防保全の図

効果

これまで事故が起こりやすかった場所での事故はほぼなくなり、事故による渋滞が常態化していた場所も、緩和されました。また、交通事故の全体の件数も減少しました。

事故が発生しやすいと判断された場所は、交通インフラが見直され、整備が進められました。

トップへ戻る