このコラムでは、関係性技術の解説や研究開発メンバによる検証の方法や結果をご紹介しています。

「関係性技術解説」のコラム

コラム監修:京都大学 新熊亮一准教授

顧客自身ですら意識していないニーズを切り開く

マーケティングとは、モノがおのずから売れるようになることであると述べました。 どのようにしたら、モノが勝手に売れるようになるのか、もう一度考えてみましょう。 「売れる仕組み」を考えよう たとえば、ここにあなたが開発した画期的な新製品があったとします。プロペラのついた帽子で、頭にかぶると...

続きを読む

顧客から寄せられた膨大な声の中から、有用な情報を拾い出す 

ここまでの事例は、関係性技術をレコメンデーション・サービスに適用するものが多くなっています。関係性技術の最も典型的な使い方は、人々の行動履歴を関係づけることで未来予測を行うことですから、最も簡単に思いつくマーケティング手法がレコメンデーションになってしまうのです。 しかし、関係性技術は、レ...

続きを読む

カーナビの移動履歴から、その人に合った情報を提供する

現在、最も簡単に手に入れられる行動履歴データは、車載カーナビに記録される位置情報です。そこで、カーナビから得られる情報から、その車の持ち主がよく行く場所を分析し、有用な情報を提供するシステムを実現できないかと考えてみました。 ここでは、カーナビから取得する行動履歴を、関係性技術で分析して、...

続きを読む

SNSへの書き込みから「次に知りたい情報」をつかむ

近年、通信環境の拡充・高速化によって、ウェブの閲覧履歴や行動履歴などのあらゆるデータを活用したマーケティングが試みられるようになってきました。多くの企業がSNSなどを通じて膨大なデータを収集し、活用しようとしていますが、華々しい成果があがったという話は聞いていません。 そこで、ここでは関係...

続きを読む

ローコストで手軽な高精度のレコメンデーションシステム

モノ、ヒト、コンテキストを加味したレコメンデーションを実現する 現在、アマゾンや楽天をはじめとするECサイトには、必ずといってよいほどレコメンデーションシステムが実装されています。 ウェブブラウザを起動して、アマゾンのトップページを表示させてみると、さまざまなジャンルの「おすすめ商品」が...

続きを読む

なぜ「関係性技術」によるデータ活用では手軽に高精度の結果を得られるのか

なぜ関係性技術は、誰でも手軽に使えて、精度の高い分析結果が出せるのでしょうか?その理由は3つあります。 ①データを集める必要がない 関係性技術は「ノード」同士のコンタクトの回数を、時間とともに記録していくだけのものです。そのため「ノード」の指定と「コンタクト」の定義さえ行うことができれば...

続きを読む

マーケティングに活かせる関係性のさまざまな指標

今回は、距離、つながりの数、ホップ数、共通ノードの数などの関係性の指標の読み解き方や意味を、身近な例を踏まえてご紹介します。これを読めば、関係性技術が従来技術とどう異なるのか、なぜ関係の意味を導き出せるのかがわかるはずです。 さて、関係性技術のグラフを見るときに、1次指標となるのは距離です...

続きを読む

いつ、誰が、どこで、何を求めるかを評価するしくみ

関係性技術は、基本的には「ノード」と「ノード」とのコンタクトの頻度を計測するシンプルな技術です。  ですから「ノード」と「コンタクト」の設定の仕方によっては、必ずしも行動履歴だけでなく、さまざまなデータに利用することが可能になります。 今回のコラムでは、コンタクトとノードの意味の捉え方と...

続きを読む

個人の行動履歴を活用できるデータベースに変える方法

前回のコラムでは、異なる個人の行動履歴データから作ったそれぞれの関係性グラフを統合して、シンプルにモデル化する方法をご紹介しました。 今回はそれを踏まえて、統合されて大きなデータになった関係性グラフをマーケティングに活用するための使い方と、活用できるデータについてお話します。 膨大な行動履歴...

続きを読む

先入観なくデータ活用をするためのシンプルな考え方

誰かにメールしたり、商品を買ったり、どこかを訪れたり、人が行う行動はすべて関係性技術ではシンプルに「コンタクトをとる」という考え方で人や商品や場所とのつながりの強さを計測します。今回のコラムでは、関係性技術の考え方を、実際の人の行動に照らし合わせて解説します。 コンタクトの回数を計測するシ...

続きを読む

トップへ戻る