このコラムでは、関係性技術の解説や研究開発メンバによる検証の方法や結果をご紹介しています。

「検証・活用」のコラム

コラム監修:京都大学 新熊亮一准教授

カーナビの移動履歴から、その人に合った情報を提供する

現在、最も簡単に手に入れられる行動履歴データは、車載カーナビに記録される位置情報です。そこで、カーナビから得られる情報から、その車の持ち主がよく行く場所を分析し、有用な情報を提供するシステムを実現できないかと考えてみました。 ここでは、カーナビから取得する行動履歴を、関係性技術で分析して、...

続きを読む

SNSへの書き込みから「次に知りたい情報」をつかむ

近年、通信環境の拡充・高速化によって、ウェブの閲覧履歴や行動履歴などのあらゆるデータを活用したマーケティングが試みられるようになってきました。多くの企業がSNSなどを通じて膨大なデータを収集し、活用しようとしていますが、華々しい成果があがったという話は聞いていません。 そこで、ここでは関係...

続きを読む

文章を関係性技術で扱えるデータに変換するための考え方と形態素解析術

関係性技術で扱うデータは、購買履歴や位置情報などはもちろん、アンケートや口コミ、SNSの投稿などの定性データと呼ばれるものや、Webコンテンツなどの文章も扱うことができます。ログには表せない、文章でしか伝わらない感情や思いを分析することで、新たな価値を創出することが目的です。 関係性グラフが扱...

続きを読む

関係性グラフをthree.js を使って3Dで可視化する

分析における可視化の重要さ 分析の対象となるデータはログデータであったり、購買ログであったり様々な種類があります。そのデータを整形し、エクセルなどに纏めます。ですが、漫然と数字を並べただけでは気づきを得るのは難しいでしょう。数値を直感的に解釈したり気付きを得るためには、棒グラフや折れ線グラ...

続きを読む

Webサイトのログをとりあえず入れてみました

アクセス解析ツールなどの普及により、Webサイトに訪れるユーザーの詳細なログがとれるようになりました。最近ではツールの発展により、ユーザーひとりひとりの行動履歴さえ追えるようになってきています。 しかし、Webサイト解析では数値から統計的なアプローチで解析していくのが今は主流で、個々のアクセス...

続きを読む

Webサイトで伝えたいこと、伝わっていることを分析する

Webサイトの効果を分析するための手法として、アクセス解析のツールが当たり前に使われるようになりました。ページへの流入や遷移だけではなく、ページ内での導線解析ツールとしてヒートマップツールを使っている事業者も多いことでしょう。これらはWebサイトの効果を定量的に分析するものです。分析結果をもとに...

続きを読む

関係性技術による相性分析から見た本能寺の変

仕事やスポーツ、学校生活、日常生活に至る生活全般において、人同士のマッチングは大変重要だと考えられています。人のマッチングは、これまで占いやカウンセラーなどの専門職による観察、推察などによって決められ、ビジネスにも発展してきました。 マッチングとはすなわち、人同士の「相性」を見るものだと考えま...

続きを読む

同義の言葉の違いを関係性技術を使って比較する

以前「周囲との関係性が似ているものは同義?」というコラムで同義のキーワードが関係性技術ではどのように表れてくるかをご紹介しました。 そこでは、「アプリ」と「アプリケーション」、「スマホ」と「スマートフォン」など同義のキーワードは「共感性」が強い関係になる、という結果となりました。 しかし、同...

続きを読む

周囲との関係性が似ているものは同義?

今回は「関係性技術」という基点ノードで距離が上位にあった「アプリケーショ ン」というワードで7/15~7/21のニュース記事を検索しました。 「アプリケーション」という言葉が出てくるニュースはたくさんあるように思いましたが、結果は2件と思ったよりずっと少ない結果でした。不思議に思って調べてみたと...

続きを読む

「時間」と「空間」を活用する

今回は「関係性技術」という基点ノードの類似度の上位にあった「価値」というワードで6/12~6/25のニュース記事を検索しました。ニュース記事の中では「価値」= 金額とされているものもありますが、ほとんどが定性的な表現でした。今回は、「価値観」という単語で使われていた次の記事をご紹介します。 ...

続きを読む

トップへ戻る