関係性API

関係性APIは、SNSや購買履歴、移動履歴、Webコンテンツなどのあらゆるデータにおいて、関係性技術を利用したアウトプットを用いて独自のサービスを生み出すことができるツールです。 データ内のワード間の関係が「共感性」、「意外性」、「特異性」、「話題性」などの8つの独自指標によって分析された結果を利用できます。この結果をサービスやプロダクトに組み合わせて、新しい価値や体験を提供できます。

登録したデータ内のワード間の関係を「共感性」、「意外性」、「特異性」、「話題性」などの指標で分析した結果を提供します。 データを登録し、分析したいワード(キーワード)を送信すると、その周辺のワードを抽出して分析結果(グラフと数値)とともに提供します。この結果を利用したアプリケーションやシステムを開発できます。 現在、グラフ形成、抽出、コンテンツ管理、グラフ管理の4つの機能と、8つの指標による結果を提供しています。

img_mssapi_01.png

詳しくはこちら

※関係性APIは、株式会社神戸デジタル・ラボが提供しています。

トップへ戻る