ニュース

CEATEC JAPAN 2014で未来予測アプリケーションを展示

2014年09月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

会期は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

出展報告はこちら

2014年10月7日~10月11日、千葉幕張メッセで開催されるアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」において、関係性技術およびモバイルソーシャライズシステムフォーラムをご紹介いたします。

昨年に引き続き2回目となる今回の出展では、「暮らしを変える!未来予測のデータ活用技術」をテーマとして、技術の原理や特徴のみならず、暮らしの中での関係性技術の活用例と、本フォーラムにおける実用化への取り組みなどをご紹介します。

一番の見どころは、本フォーラムの参加団体である株式会社エム・データ様ご提供のTV放送実績データ「TVメタデータ(」を使用した未来予測アプリケーションで、未来予測を関係性技術独自のビジュアルでその場で可視化します。

また、10/8、10/10のミニステージでは、本フォーラムの代表発起人である新熊准教授より、関係性技術の概要と展望、および実証実験と実用化への取り組みについて講演を予定しています。

未来予測アプリケーション

人、物、場所の関係性を可視化し、未来予測するアプリケーションです。任意のキーワードとその周辺のものの関係性を、関係性グラフの特徴であるネットワークグラフで表現します。

アプリケーションの特徴

■関係性を可視化

あるものとものの関係性のつながりの経路、つまり何を介してつながっているのかを可視化します。間にあるものが見えることで、新たな気づきが得られます。

■関係性の変化を予測

あるものと周辺のものの関係性が、今後近づく可能性を予測します。予測と実際の結果とを照合し、予測性能を確認できます。

■時間の経過による関係性の変化を比較

ある時点の関係性と、その後の関係性を別に作成し、時間の経過とともに関係性がどのように変化したかを比較できます。

使用するデータ

TVメタデータ(株式会社エム・データ様ご提供)

※TVメタデータとは?
株式会社エム・データが提供するTV放送実績データ。東京・名古屋・大阪地区のテレビ局で放送されたテレビ番組やテレビCMの内容を、独自にサマライズ(要約)し、「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、テキスト化・データベース化して、24時間365日「TVメタデータ」を構築しています。

http://mdata.tv/

時期:2012年および2013年
データ:「テレビCM」に関するTV放送実績データ
主要なキーワード:企業名、商品名、ブランド名、タレント名

スクリーンショット

アプリスクリーンショット

アプリスクリーンショット

ミニステージ

昨年のオープンセミナーで大きな反響をいただいた関係性技術の原理について、今回は独自の特徴を中心に解説するほか、実用化に向けた現在の取り組み、検証の性能について講演予定です。講演後、ブースにて質疑応答なども行います。ぜひご来場ください!
※予約は不要です。

■タイトル

「暮らしを取り巻くあらゆるものから未来を予測する『関係性技術』の性能検証と実用化への取り組み事例」

■日程

10/8 (水) 13:00~13:30
10/10(金) 15:00~15:30

■場所

NEXTイノベーションプラザ ホール4 ユニバーシティエリア内 ミニステージ

出展概要

名称 CEATEC JAPAN 2014 シーテック ジャパン 2014
(Combined Exhibition of Advanced Technologies)
会期 2014/10/7(火)~11(土)10:00~17:00
会場 幕張メッセ 千葉市美浜区中瀬2-1
ブース NEXTイノベーションプラザ ホール4 小間番号:4N198

 

トピックストップ

トップへ戻る