事例

三井のリパーク「駐車場の新しい価値を創造するビジネスコンテスト」開催

2016年08月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

三井のリパークロゴ

全国一万か所のコインパーキング「三井のリパーク」を運営する三井不動産リアルティ株式会社様が、2016年7月14日、当フォーラムのワークショップの場を活用し、駐車場の新しい価値を創造するビジネスコンテストを開催しました。当フォーラムの会員12名が参加し、グループディスカッションを通じて同社に対して様々な提案を行いました。

コインパーキングと異業種の連携で新しい価値創造を目指す

駐車場では、入出庫のデータや精算のデータなど人の移動に関連する様々なデータが蓄積されています。三井のリパークを運営する、三井不動産リアルティ リパーク事業本部では、これらの駐車場のデータ活用によるシェア拡大および新たなビジネスを目指し、当フォーラムに入会されました。フォーラムでは、神戸デジタル・ラボ社やポテンシャルユナイテッド社とともに関係性技術を用いて情報配信を行うIoTシステムの実証実験に取り組むなど、先進的な活動に取り組んでおられます。 今回は、MSSFの会員の事業分野が多岐にわたる点に注目いただき、異業種が連携して初めて生まれる事業を期待され、ビジネスコンテストを開催されました。

グループディスカッション

ビジネスコンテスト内容

ビジネスコンテストでは、同社のビジョンや現状の課題と取り組み、現状取得しているデータなどを参加者に向けて発表し、参加者がそれに対して事業を提案する形式で行いました。フィールドワークとして実際の三井のリパーク駐車場を見学し、その後会員間のグループディスカッションを通じて提案をブラッシュアップし、提案書を作成しました。 参加者の業種は、Webサービス事業者、通販事業者、出版事業者、広告事業者など多岐にわたり、各参加者が自社の強みや専門領域、リソース等を交えた提案を行いました。

三井不動産リアルティ様発表 三井のリパーク見学

三井不動産リアルティ様の声

kasai_realty.jpg

ビジネスコンテストの開催は、弊社でも初の試みでしたので不安がありましたが、MSSFの企画ということもあり、参加者の募集や当日までの段取り等の一切はMSSF運営事務局が進めてくれましたので、弊社は当日のテーマ決めだけに注力できました。 異業種の企業様を招いてとのことでしたので、駐車場ビジネスにおけるルールや方法等先入観に囚われないアイデアを期待しましたが、今回のビジネスコンテストでいただいた提案は、斬新な切り口のアイデアが多く、今後の事業展開を検討する際のヒントを得る場となりました。次回はカーシェアをテーマにしたビジネスコンテストもやってみたいですね。
(ご担当者:三井不動産リアルティ リパーク事業本部 S.K様)

トピックストップ

トップへ戻る