ニュース

CEATEC2016に観光マーケティング向け行動分析エンジン、コンテンツマッチング事例などを出展しました

2016年10月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年10月4日~10月5日、千葉幕張メッセで開催されたCPS/IoT総合展「CEATEC JAPAN 2016」で、 当フォーラム会員の神戸デジタル・ラボが出展しました。

ブースでは、関係性技術を基盤として開発した行動分析エンジンを中心に、同じく当フォーラム会員であるガイアックス社による関係性技術によるコンテンツマッチング、および今後人材マッチングエンジンとして関係性技術の導入を計画している人材マッチングサイト「SAIRU(https://sairu.com/)」などの関係性技術の事例をご紹介。

幅広い業種の方々にご興味を持っていただきました。また、5日のミニステージでは関係性技術の発案者で当フォーラムの代表発起人、新熊准教授によるセミナー「状況に応じた関心を捉える観光マーケティング向け行動分析エンジン」を実施いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。

出展内容はこちら

ご紹介したチラシ、ポスターはこちら↓

 

 

 

トピックストップ

トップへ戻る