ツール更新

関係性オープンツールにポジネガ分析を追加

2017年04月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

MSSF会員にご利用いただいている、関係性技術の評価結果を確認できるツール「関係性オープンツール for Web」に、ポジネガ分析を追加しました!

従来のポジネガ分析では、分析対象のキーワードが含まれる文章内の単語をポジネガの専用辞書に照らし合わせて、そのスコア比率を出すものが一般的ですが、関係性技術を用いることで、分析対象のキーワードと周辺の単語とのつながりの強弱を含めた判断が可能です。

つまり、分析対象のキーワードにとって重要な単語をピックアップした上でポジネガ度を算出するため、より文脈を加味した分析が可能になると考えられます。

posinega.jpg

複数のニュースサイトから形成した関係性全体のデータの中で、「人工知能」というキーワードについてポジネガ分析してみました。

ポジネガ結果「人工知能」

「人工知能」はニュースサイトの中では、ポジティブという判定が出ていますが、思ったよりもネガティブな割合が高めですね。期待は高い一方で、要望や不安な要素も多いのかもしれません。

ポジネガ結果「お花見」

こちらはやはりポジティブな判定となりました。こちらは天候などの影響によって、その時々で変化するかもしれませんね。

ポジネガ分析はポジネガを判定するノードが抽出ノード内に不足している場合、抽出できません。
 抽出できないものも多い部分もございますが、ぜひさまざまなノードでお試しいただければ幸いです。
 

また、ポジネガ分析指標は、アルゴリズム改善のために皆さまからのフィードバックをお待ちしています。判定結果が納得できるものであれば、ポジネガウィジェット右下の[納得]ボタンを押してフィードバックいただければ幸いです!

お試し利用募集中!

現在MSSFに参加しておらず、オープンツールのお試し利用をしてみたい方向けに、期間限定でサンプルデータを「ポジネガ分析」を含め、「距離」「ホップ数」「つながりの数」「類似度」「話題性」「共感性」「意外性」「特異性」などの8つの指標を利用できるアカウントを準備いたします。ぜひ、本ポジネガ分析をご利用いただき、フィードバックいただければ幸いです。お申込みをご希望の方は、問い合わせフォームよりお申込みください。

※件名に「オープンツールお試し利用希望」とご入力ください。

オープンツールお試し利用はこちら

注意事項

ポジネガ分析の対象となるデータは、主にブログやTwitterなどの感情表現が含まれるデータで、形容詞が含まれていることが前提です。

 

 

トピックストップ

トップへ戻る